オフィシャルブログ

評価を駆使した学習指導【実りえ本部】

こんにちは、実りえ本部です。

前回は、教え方に徹底した実りえ独自開発「実りえ式評価型指導」についてご紹介しましたが、その中で何度か登場した「評価」という言葉にスポットを当ててみましょう。

みなさんは、「評価」と聞いてどのようなことを思い浮かべるでしょう。

これってものはなきにしも、何かしらのイメージはつくと思います。我々が駆使する「評価」は皆さんの一番近いイメージでいくと「褒める」ではないかと思います。

「評価」は「褒める」を心理学の理論に基づき専門的に改良したものです。

「評価」の定義を一言でお伝えすると、ありのままの事実を言語化し、それを伝えることです。これを相手の性格や心理状態などに応じて使用の仕方を変化させていきます。さらに、学習指導にカラクリを設け、それに評価をかけ合わせる事で指導を受けた生徒は承認欲求を満たすことができ、自己実現の欲求を持つことができるようになるのです。

これは一時的なものではなく、マズローの定理に基づいた人が持つ心理を利用した指導法であり継続的に、目的意識をもち向上的に活動や勉学に励むことができます。

嘘のようで実際に実りえで実現されている事実。

ぜひ疑いの目で実りえの体験学習を受講してみてください。

せっかくですので、この評価型指導を受けて変化した生徒を一人紹介しましょう。

【初回状況】

学習に全く集中できない。周囲の人の邪魔をしたり突発的に発言したりと問題行動が多々ある。

【支援内容】

落ち着きがなく様々なものに目を移し、一つのことに集中して取り組むことができなかった。そのために学習に集中的に取り組むことも困難であった。本児とのコミュニケーションの中で行動の特性を分析し、衝動性があること、自身が納得できていないことは行動に移せないということが判明しました。それを解決するために以下の支援を重点的に行うこととしました。

■一つ一つの行動指示に意味づけを行い、全てを納得させる。
本児と目標共有を行い、そのために必要な事柄として行動指示の理由を明確に説明し、納得させたうえでどのような行動を行えばいいのかの指示を行います。

■学習姿勢や行動の決まりを約束事に落とし込み、その評価を欠かさず行う。
全ての理由を納得させたうえで、実行すべき学習姿勢や行動を約束事として本児と共有し、できたことに対して評価を欠かさず行います。衝動的な行動面においては、指摘事項がでる前に約束の確認を随時行い全て、できたことへの評価ができるように促しを行います。

■認知欲求を満たし自己実現欲求を持たせるため、実りえ式評価型指導を取り入れる。
実りえ独自の心理学の理論に基づいた「評価指導」を組み込み、自己肯定感を高めると同時に承認欲求を満たしていきます。その後、自己実現欲求へと進め、学習への意欲向上に向けて取り組みを深めていきます。

【支援結果】

一つ一つの行動の意味を説明し、それを納得させながら支援を行った結果、行動の約束事の事前確認をする回数も徐々に減り自身で気づき改善できるようになりました。その継続で学習姿勢も大幅に改善され、学習も非常に速いスピードで進み、3学年上の学習を進めるまで集中して学習をすることができるようになりました。目標も持ったことにより学習への意欲もさらに上がり、中学受験を視野に入れた学習支援を行うことができるようになりました。

一例ですが、評価型指導で様々な子ども達は変化しております。

実りえで自信をもって提供できる実りえ式評価型指導をぜひ一度ご体感ください。