実りえ式評価型教育による学習特化型放課後等デイサービス

pixta_67618232_M

発達障がい児の学習支援を専門とし、「学習・受験・登校」など対象児童の現能力に適した支援方法で支援を行う放課後等デイサービスです。

実りえが考える学力向上のための条件公式

学習意欲×個々に適する学習支援方法=学力向上
まず、この公式の中で最も重要で困難なことは「学習意欲の向上」です。どれだけ素晴らしい教材や指導者があれど学習意欲が0であれば、その教材や指導者の価値も0となります。実りえは、「学習意欲」と「個々に適する学習支援方法」を別に追及に追及を重ね、最大の効果が見込める支援方法を開発しました。

pixta_36028033_M

実りえ式評価型教育

実りえが学習支援で最も重要視していることが子どもの心のケアです。これを心理学の理論に基づいた方法で「小さな成功体験を積み、自己肯定感を意図的に高める」、「認知欲求を満たし自己実現の欲求を持たせる」この二つを心理的に操作し、計画的に実行していくことで、この問題を解決しました。従来の「ほめてのばす」から心理学の理論に基づいた「評価」を駆使した支援法を組み込むことで学習意欲を向上させ独自開発の学習法と併せて支援を行います。

実りえ式評価型教育

発達障がい児に特化した学習方法

個々の能力を分析し、できない原因はどこにあるのか、そしてそれはどうしたら解決できるのかを一人一人明確にしていきます。各脳機能や能力に応じた無数のパターンを研究し、実証した学習指導方法で学習を進めていきます。

発達障がい児に特化した学習方法

子どもの笑顔を一番に大切にした関わり方

学習を行う上で指導員と子どもの関係性を大切にしています。子どもの意見を受容し、そして目標を共有するなどコミュニケーションをしっかりとることで楽しく笑顔で共に学習に向き合える環境づくりを行っています。「できた」の声がたくさん響き渡る室内空間を目指して日々、指導員は子どもと向き合っています。

子どもの笑顔を一番に大切にした関わり方

利用者成長事例

事例1

初回ご相談内容

学習に全く集中できない。周囲の人の邪魔をしたり突発的に発言したりと問題行動が多々ある。

支援内容

落ち着きがなく様々なものに目を移し、一つのことに集中して取り組むことができなかった。そのために学習に集中的に取り組むことも困難であった。本児とのコミュニケーションの中で行動の特性を分析し、衝動性があること、自身が納得できていないことは行動に移せないということが判明しました。それを解決するために以下の支援を重点的に行うこととしました。

■一つ一つの行動指示に意味づけを行い、全てを納得させる。
本児と目標共有を行い、そのために必要な事柄として行動指示の理由を明確に説明し、納得させたうえでどのような行動を行えばいいのかの指示を行います。

■学習姿勢や行動の決まりを約束事に落とし込み、その評価を欠かさず行う。
全ての理由を納得させたうえで、実行すべき学習姿勢や行動を約束事として本児と共有し、できたことに対して評価を欠かさず行います。衝動的な行動面においては、指摘事項がでる前に約束の確認を随時行い全て、できたことへの評価ができるように促しを行います。

■認知欲求を満たし自己実現欲求を持たせるため、実りえ式評価型指導を取り入れる。
実りえ独自の心理学の理論に基づいた「評価指導」を組み込み、自己肯定感を高めると同時に承認欲求を満たしていきます。その後、自己実現欲求へと進め、学習への意欲向上に向けて取り組みを深めていきます。

支援結果

一つ一つの行動の意味を説明し、それを納得させながら支援を行った結果、行動の約束事の事前確認をする回数も徐々に減り自身で気づき改善できるようになりました。その継続で学習姿勢も大幅に改善され、学習も非常に速いスピードで進み、3学年上の学習を進めるまで集中して学習をすることができるようになりました。目標も持ったことにより学習への意欲もさらに上がり、中学受験を視野に入れた学習支援を行うことができるようになりました。

事例2

初回ご相談

学習の理解ができず全く学習についていけておらず一人で問題を解くことができない。何に対しても否定的で諦めが早い。

支援内容

一般的な見方をすれば、理解力や定着力が不十分で言葉の理解も現学年のレベルに達していない状況ですが、一定期間コミュニケーションとカウンセリングを行い分析した結果、記憶の部分を考慮した支援を行うことで見違えるほどの効果を発揮できることがわかりました。また自己否定の部分は、記憶を考慮した支援により解決できると判断したため以下の支援を重点的に行うこととしました。

■計算方法などを最初から直接長期記憶に入れる。
算数計算を習得するとき解き方を例題で教えながら理解させ、その後に例題を見ながら解いてみる、そして練習問題をしながら定着というのが一般的ですが、短期記憶の能力が不十分で何度教えてもわからないが続いていたため学習方法を大幅に変え、理解の前に計算過程をすべて公式化して長期記憶に落とし込みを行います。

■無学年方式を採用する。
現学年の内容習得に到達していなかったため、学年関係なく計算問題を上記の方法で習得していき現学年内容を超えた予習学習までを目指して学習を進めていきます。

■自己肯定感を上げるため、実りえ式評価指導を取り入れる。
上記の無学年方式で現学年内容を超えた予習学習を行うことで優越感を与え、さらに実りえ独自の心理学の理論に基づいた「評価指導」を組み込み、自己肯定感を高めると同時に承認欲求を満たしていきます。その後、自己実現欲求へと進め、学習への意欲向上に向けて取り組みを深めていきます。

支援結果

学習において小学校1年生の「さくらんぼ計算」を繰り返し学習しても、なかなか定着せずに先に進めませんでしたが、脳機能を考慮した学習の方法に切り替えて学習を行わせたことで、現学年の計算問題までをスムーズに習得し定着することができました。また、無学年方式で計算分野のみではありますが、2学年上の6年生の内容まで基礎計算をすべて習得することができました。この過程の中で成功体験を積んだことにより自己肯定感も上がり、やればできると自身で信じることができ否定的な発言もなくなりました。今では、頑張るが本児との合言葉です。

事例3

初回ご相談内容

不登校で学校に行くように言っても朝から暴れる。そして、少し注意を受けたり嫌なことがあるとすぐに自傷行為を行う。

支援内容

しばらくの間学校に行けておらず、そこに明確な理由が判明できていない状況であるため、デリケートな問題としてカウンセリングを行いながら支援を進めていくことにしました。学校に行きたくないという理由から家庭で暴れたりといった行動もあったため保護者も巻き込んだ支援を進めていくことになりました。慎重に進める必要がある事案であったため以下の支援を重点的に行うこととしました。

■対面カウンセリングを行う。
本児の現在の状況や想いを受容し、登校に向けて頑張る意思の育成から始めました。しかしあくまでも本児の意思を尊重し、その中で提案を行いながら登校に向けての準備を進めていきました。同時に保護者の子どもとの関わり方などの支援を行い、様々な角度からのアプローチを行います。

■行動目標の共有と実施後の評価の徹底を行う。
スモールステップで本児の意見を尊重しながら、目標を短い期間で定め実行していきます。目標を達成させてからの評価を徹底し、次の目標へと進めていきます。

支援結果

保護者、本児から不登校の原因や登校に対する本児の気持ちなどを慎重に聞き取り明確化していきました。無理な登校への促しを行えば後に重大なことにつながる可能性があるため時間は要しましたが、大きな不登校の原因は、しばらく学校に行っていないため登校したときにどう思われるかという恐怖からということが分かり、毎日学校に宿題の提出だけに行くことから始めました。その後は別室登校を経て、一日授業を受けずに昼で帰ることもありますが朝からクラスへ登校することができるようになりました。